ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段心掛けていることや便利なことなど、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

ペンション サッチモの露天風呂


年末に泊まった裏磐梯の「ペンション サッチモ」、露天風呂が付いています。

裏磐梯高原ペンション 貸切露天風呂と地産地消の宿 サッチモ

裏磐梯でいくつかのペンションに泊まったことがありますが、露天風呂が付いているのは珍しいです。私がこのペンションの常連となっている理由の1つが、この露天風呂の存在となっています。

露天風呂は貸し切りで、空いているときにいつでも入っていいルールとなっています。ペンションの部屋数が少ないので、大抵、入りたいときには空いています。

ペンションの裏口を出ると、露天風呂への小道があります。冬季はいつもこのようになっているので、ロードヒーティング付けているんでしょうね。

f:id:h_yukichi:20190102113849j:plain

露天風呂への道

小道を降りていくと、大小2つの露天風呂があります。脱衣場はありませんが、周囲から見えなくなっているので、女性の方でも安心して入ることができると思います。

f:id:h_yukichi:20190102114628j:plain

露天風呂

今回は、左側にある大きい方の露天風呂に入りました。

こんな感じで雪が入り込んでくるので、服を抜いで風呂に入るまでは寒いです。温泉なので、風呂から出るときは体が温まっていて、寒くないですね。

f:id:h_yukichi:20190102113811j:plain

露天風呂(大)

夏にも泊まったことがありますが、私は冬の景色が好きです。

露天風呂の前は小川が流れている林となっているのですが、雪に埋もれて真っ白な世界となります。静寂の中で真っ白な景色を見ながら、のんびりとするのが好きなんです。

f:id:h_yukichi:20190102121048j:plain

露天風呂からの景色

ペンションの位置が山道の行き止まり、一番奥となっているので、露天風呂に囲いはなく、開放感があって気持ちいいです。

露天風呂好きな人にも、おすすめできる宿です。

f:id:h_yukichi:20190102120909j:plain

ペンション サッチモ

この露天風呂、体を洗う場所はありません。内湯があって体を洗うことができますが、私は近所にある「裏磐梯レイクリゾート」の日帰り入浴を利用しています。

裏磐梯 ホテル | ホテル 裏磐梯レイクリゾート【公式】

通常1,200円となっていますが、半額割引券があるので、600円で入ることができます。大きなホテルで風呂も広くで綺麗なので、600円はかなりお得ですよ。

裏磐梯レイクリゾート(東北エリア)のクーポン|割引情報ならトクトククーポン