ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段心掛けていることや便利なことなど、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

万双のコードバン財布


今日は、私が使っている財布の紹介をします。

f:id:h_yukichi:20190202035635j:plain

外側

知っている人もいるかと思いますが、上野にある工房「万双」で作られたコードバン二つ折り財布です。

www.mansaw.net使い始めてそろそろ2年になろうとしているところで、結構エイジングが進んできました。新品のときの写真は撮り忘れたので、万双のホームページから拝借します。

f:id:h_yukichi:20190202040154j:plain

新品の状態

新品と比べて、艶が出てきているのが分かりますでしょうか?コードバン、「革の宝石」と呼ばれているだけあり、使えば使うほど艶が出てくるので経年変化が楽しめます。

なお、ほぼノーメンテナンスです。他の革製品をメンテするときなど、気が向いたときに少しクリームを塗っているくらいで、あとは何もしなくてもどんどん艶がでてきます。

頑丈な革なので傷が付くことなんかはあまり気にせず使えますが、唯一の注意点は水に濡らさないことですね。コードバンは水にとても弱く、濡れたところが輪染みとなってしまうので、雨の日等、水に濡らさないように注意しています。

内側はこんな感じで、カード6枚とコインが入るので、使い勝手がいいです。

f:id:h_yukichi:20190202041114j:plain

内側

 購入した工房「万双」は小さな店ですが、革の品質や職人の腕は良く、いい商品が多いです。「お客様の手に渡った時点で、それはお客様のもの」という考えにより、ブランドロゴを入れないようなポリシーも徹底しており、純粋に技術で勝負しています。

ブランド品はメーカーの威信がかかっているので高品質な商品が多いですが、一般的にブランド名が付くと高額になりますよね。ブランド品を持つことでステータスを手に入れるという考え方もあるので特に否定はしませんが、私がモノを選ぶときは品質や機能性を重視するので、このような優れた商品が安価で販売されているのはうれしいです。

コードバン以外の革製品も取り扱っているので、カバンとかベルトとか探している人は、選択肢の1つとして検討してみてはどうでしょうか。