ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段の生活で工夫しているコト、便利な発見をしたコトなど、知っているとうれしい、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

撮影機材:個人手配マチュピチュ旅行記


今回の記事は、撮影機材についてです。

旅先での撮影となると、選択肢は以下くらいでしょうか。

  • カメラ
  • ビデオカメラ
  • アクションカム
  • ドローン

何をどう撮影するかによって適する機材が決まりますが、私はほぼカメラで静止画撮影といったスタイルです。

マチュピチュに行くにあたり撮影機材を準備しましたので、紹介したいと思います。

カメラボディ

f:id:h_yukichi:20190425003755j:plain

ボディはPentax KP

Pentax KPを持っていきます。コンデジ1つで行くのが一番楽なのですが、せっかくマチュピチュまで行くのでしっかりと撮影したく、フィールド撮影に適した機材構成としました。

なるべく軽くコンパクトにしたいので、フルサイズ機は対象外。APS機で選ぶと、コレ以外はないくらい信頼できる機種です。

次のような特徴があり、フィールドカメラとしてお勧めできる1台です。

  • 防塵・防滴
  • -10℃耐寒動作保証
  • ISO6400なら余裕で常用
  • 赤道儀なしで星の追従可能
  • ボディ内手振れ補正

レンズ

f:id:h_yukichi:20190425003817j:plain

レンズは3本

持っていくレンズは、悩みました。この記事を書いている時点で、まだ悩んでいる。

自宅から車で行くような旅ならいくらでも持っていけるのですが、移動しながらの旅だとなるべく荷物は減らしたいです。

今のところ、次の3本にするつもりです。

  • 11-18 f2.8
  • 35 f2.8 Macro
  • 55-300 f4-5.8

本当は標準域ズームをもう1本追加したいのですが、これ以上は増やせない状態です。悩んでいるのは、望遠が必要かどうか。アンデスの山に群れているアルパカを撮ることをイメージしているのですが、それ以外では使う予定なし。

もうちょっと撮影シーンをシミュレートして、もしかすると望遠ズームを標準ズームに変更するかもしれません。

その他

f:id:h_yukichi:20190425011639j:plain
f:id:h_yukichi:20190425003840j:plain
その他、関連用品

メンテ用品、予備SDカード、CPLフィルタ、簡易三脚、ストラップといった、関連機材となります。使わないものを持っていっても荷物になるだけなので、最小限としています。

運搬

f:id:h_yukichi:20190425003901j:plain

ペリカンケースで運搬

カメラの運搬は、ペリカンケースを使っています。15年くらい多くの国々をこのケースで旅していますが、頑丈で大きさもちょうどよく、使いやすいです。

 

これらの機材で、雄大な景観を写してきます。