ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段の生活で工夫しているコト、便利な発見をしたコトなど、知っているとうれしい、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

エコノミークラスで座席フラット睡眠:個人手配マチュピチュ旅行記


成田からサンフランシスコに飛んだ後、Copa Airlinesでパナマからリマ、Avianca Airlinesでクスコへと南下しました。

いよいよ南米入り、ワクワクします。

 

 

事前座席指定ができない

今回の航空券、United Airlinesから通しで発券されたので、Copa Airlinesとは直接やりとりしませんでした。

事前座席指定を試みたのですが、

  • United  Airlinesのホームページ:Copa Airlinesで指定せよ
  • Copa Airlinesのホームページ:United Airlinesで指定せよ

となっていて、どうやってもできませんでした。

 

3列一人占め状態に

Copa Airlinesのチェックイン、成田のカウンターで実施しました。

座席は既に指定されていて変更できないとのこと。しかも、夫婦2名で予約したのに、バラバラの席。

この時点では、混雑していて選択の余地がないものだと思っていました。

 あまりいい席が期待できないなあと思って搭乗すると、なんと横2つのシートが空席で、3列使える状態でした。

f:id:h_yukichi:20190517212607j:plain
f:id:h_yukichi:20190517212618j:plain
1人で3列分のシートを使えて、快適


夜遅い国内線だとこのような場合がありますが、国際線ではめったに遭遇しない状況。かなりラッキーでした。

真横になって5時間くらい熟睡できたので、体力を回復させることができました。

 事前座席指定できず、快適な移動は諦めていたのですが、想定外の幸運でした。

 

Copa Airlinesは遅延しないのか

Copa Airlines、遅延が少なく定刻運航実績率で世界一となったこともあり、定刻運航には評判が高い状況でした。

今回ですが、サンフランシスコからパナマまでは定刻、パナマからリマまでは1時間遅れでした。

遅延が発生する原因は様々かと思いますが、1時間なら全然許容範囲内です。

 

パナマでゲイシャコーヒーが飲めず

パナマは乗り継ぎ時間が2時間だったので、パナマ運河等の観光は無理と判断。パナマらしいものということで、ゲイシャコーヒーを探してみました。

私は大のコーヒー好きなので、この近辺は馴染み深い国が連なっています。コスタリカ、グアテマラ、コロンビア等、どこも一流のコーヒー豆の産地です。

パナマでは、ゲイシャコーヒーが有名です。エスメラルダ農園のゲイシャコーヒーといえば、超一流の品種。日本でもたまに販売されるらしいですが、1杯2,000円くらいしているらしく、まだ飲んだことがありません。

「せっかくパナマに降り立つのだから、ゲイシャコーヒー見つけて飲んでやろう」と思っていたのですが、残念ながら見つからず。代わりに、普通のコーヒーを飲みました。味も普通かな。

f:id:h_yukichi:20190517212632j:plain
f:id:h_yukichi:20190517212654j:plain
普通のコーヒーで我慢

その後ギフトショップでゲイシャコーヒーの焙煎豆を発見したのですが、250gで75USD。焙煎日も不明で品質が不明確だったので、買いませんでした。

コーヒーを飲む目的で、このエリアを旅しても楽しいかなと思いました。

 

この後はいよいよクスコ到着

この後、リマ経由でクスコに飛んで、やっと最終目的地の空港に到着しました。出国してからほぼ丸3日、マイナス14時間の時差なので、ヘトヘトです。

クスコ空港からホテルまでは自力移動が困難と考え、送迎を頼みました。送迎のドライバー氏、英語がほとんど通じず、スペイン語メインでした。

そのため、Google 翻訳でコミュニケーションしながら移動したのですが、結構使えるアプリですね。長文になると意味不明な翻訳をするときがありますが、短文ならほぼ間違えなしです。

途中クスコのビューポイントによって夜景を見て、オリャンタイタンボにあるホテルに到着。

f:id:h_yukichi:20190517213613j:plain

クスコの高台にあったビューポイント

5時間後にはマチュピチュに向けて出発です。