ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段の生活で工夫しているコト、便利な発見をしたコトなど、知っているとうれしい、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

ペルーでの買い物:個人手配マチュピチュ旅行記


今回の旅の最終日、クスコで1日時間があったので、市街地観光とショッピングをしました。日本では手に入りにくい、ペルーならではのものを買ってきましたので、紹介します。

ペルーに行く機会がありましたら、現地でのショッピングの参考にしてください。

チョコレート

ペルーはカカオ豆の産地となっているようで、チョコレートが有名でした。

チョコレート博物館 Choco Museo

チョコレート博物館Choco Museoの直営店で、チョコ関連商品を買いました。チョコレート博物館、チョコの作り方や歴史なんかを展示していて、楽しめました。時間によっては、チョコを作る体験ができるみたいでしたよ。

www.chocomuseo.com

f:id:h_yukichi:20190510222731j:plain

アルマス広場から少し奥に行ったところにある、Choco Museo

以下が買ってきた商品ですが、右上にある「カカオ茶」が珍しかったです。カカオ豆のお茶で、いくつかの味付けがありました。試飲したシナモン味が美味しかったので、それを買ってきました。

f:id:h_yukichi:20190510223128j:plain

購入した商品

アルパカ製品

ペルーはアルパカ製品が有名です。アルパカは羊毛よりも暖かいと言われていますが、日本だと流通量が少なく高額です。ペルーでも決して安くはないのですが、せっかく遠い地まで行ったので、いくつか買ってきました。

クスコでは多くのアルパカアパレルショップがありましたが、事前情報によると偽物もあるとのこと。初めてで本物か偽物かを見分ける自信がなかったので、ちょっと高いですがメジャーな店を選びました。

ホテルのオーナーにどのような商品を選べばいいか聞いたところ、「ベビーアルパカ製品」を選べとのこと。一般のアルパカ製品と比べて、暖かさが全然違うみたいです。

クスコは標高3,400mの地にあり気温が冷え込むこともあるので、暖かい服装については詳しいはず。オーナーのアドバイスを信じて、ベビーアルパカ製品を探しました。

 

アルパカタモン

オーナーのご主人が日本人の店で、日本語が通じる店でした。セール品でほしいものがあったのですが、カード支払いだと購入不可。ちょうどPENを持っていないときだったのですが、日本円でOKとのこと。現金払いだとセール品以外も10%引きとなり、安く購入できました。

すべてベビーアルパカ製品。肌触りがすごく良く、軽くてまったくチクチクしません。

f:id:h_yukichi:20190510224822j:plain

セーター
f:id:h_yukichi:20190510224904j:plain
f:id:h_yukichi:20190510224917j:plain
マフラー

 

KUNA

kunastores.com

有名なアルパカアパレルショップ。日本でも個人売買等でたまに流通していますが、かなり上乗せされているのが分かりました。ペルーの中では高額商品となりますが、国内で入手するよりは安いです。

商品もフルラインナップから選べるので、現地購入がお勧めです。アルパカタモンで買った商品同様、軽くて肌触りがいいです。

 

f:id:h_yukichi:20190510225013j:plain
f:id:h_yukichi:20190510225030j:plain
セーター

f:id:h_yukichi:20190510225043j:plain

マフラー

これらの3点を買ったら、なんとおまけでマフラーを2本つけてくれました。母の日キャンペーンの特典とのことです。これはラッキー。

f:id:h_yukichi:20190510225111j:plain
f:id:h_yukichi:20190510225057j:plain
タダで手に入ったマフラー