ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段の生活で工夫しているコト、便利な発見をしたコトなど、知っているとうれしい、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

相模原北公園、アジサイ開花


先日、相模原北公園でバラが満開だったことを記事に書きました。

www.yukichi-tsuntsun.com今日再び相模原北公園に行ったところ、アジサイが開花していました。まだ5分咲きくらいでしたが、綺麗に咲いていました。そんなアジサイの様子、レポートさせていただきます。

たくさんの国産種アジサイ

相模原北公園、アジサイが有名な公園です。毎年この時期になると、多くのアジサイが花を付けます。この公園、国産種のアジサイをたくさん見ることができるのが特徴です。

多くの人が知っているアジサイ、西洋種となります。アジサイをイメージして浮かび上がる姿、8~9割くらいの人は西洋種だと思います。

国産種は「ガクアジサイ」と呼ばれているもので、西洋種と比べると小型です。花が群生したときには、西洋種の方が迫力があります。国産種はあまり目立たない姿形をしていますが、淡い色合いが美しく、見ていて飽きません。

以下の写真をご覧ください。「イメージしているアジサイと違うな」と感じる人もいるかもしれませんが、これらが国産種のアジサイとなります。

f:id:h_yukichi:20190609231109j:plain
f:id:h_yukichi:20190609231138j:plain
f:id:h_yukichi:20190609231209j:plain
f:id:h_yukichi:20190609231229j:plain
f:id:h_yukichi:20190609231247j:plain
f:id:h_yukichi:20190609231303j:plain
f:id:h_yukichi:20190609231320j:plain
f:id:h_yukichi:20190609231342j:plain
f:id:h_yukichi:20190609231358j:plain
f:id:h_yukichi:20190609231517j:plain

雨の日がお勧め

アジサイを見るときですが、個人的には雨の日が好みです。雨に濡れていた方が、花が生き生きとしています。好天が続くと、花がしんなりしてしまいます。

写真を撮る場合も、直射日光が当たらない方が、柔らかい色合いとなります。コントラストを少し抑えた表現にすると、いい雰囲気になります。

あと、雨天だと外出を控える人が増えるので、空いているのがいいですね。本日も雨だったのですが、日曜日なのに訪れている人も少なく、ゆっくりとアジサイを鑑賞できました。

終わりに

おそらく、あと1~2週間でピークを迎えると思います。相模原北公園は米国品種のアナベルの群生も見応えがあり、来週末あたりからいい感じになると思います。

まだ開花が始まったばかりで見頃はこれからなので、近くの人は訪れてみてはいかがでしょうか。