ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段心掛けていることや便利なことなど、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

ソファーカバーを交換してリフレッシュ


ここ数日、春らしい気候から初夏の気候になってきました。場所によって30℃を超えているようで、今年も暑くなりそうですね。

我が家のソファー、冬と夏とでカバーを変えています。今日、夏用カバーに交換しました。そのときの様子をレポートします。

また、ソファーのカバー交換をすることのメリットについてもまとめてみたので、ソファーを買うときの参考にしてください。

カバー交換のメリット

一般的には、ソファーのカバー交換ってやらないと思います。やるとしても、古くなってきてカバーを貼りなおすような場合ですよね。

我が家では半年毎にソファーのカバー交換をしているので、珍しい部類に入るかもしれません。

定期的にソファーのカバー交換を行うメリット、次のように考えています。

清潔さが維持できる

ソファーは毎日使うもの。いくら丁寧に使っていても、体の皮脂や汗等で、汚れるはずです。ずっと使っていると、カビやダニの温床となっているのではないでしょうか。

半年毎に洗うことで、汚れもなく綺麗な状態が保てます。いつも綺麗な状態のソファーに座ることができるので、気持ちいいですよ。

部屋のイメージを変えることができる

リビングルームの中で、ソファーはかなりの場所をとる家具です。そのため、ソファーの色で、部屋のイメージが大きく変わります。

我が家では、冬は暖色系、夏は寒色系のソファーカバーとすることで、部屋の中に季節感を取り入れています。

ずっと同じイメージの部屋で生活していると変化を感じることができませんが、半年毎にイメージチェンジすると、新鮮さを感じることができます。

カバー交換のBefore/After

では、今回冬バージョンから夏バージョンに交換したソファーカバー、交換前後でどのように雰囲気が変わったか、比較してみます。

まず、正面。

f:id:h_yukichi:20190525220539j:plain
f:id:h_yukichi:20190525220552j:plain
左:冬バージョン、右:夏バージョン

続いて、背面。

f:id:h_yukichi:20190525220607j:plain
f:id:h_yukichi:20190525220621j:plain
左:冬バージョン、右:夏バージョン

最後に、斜めから。

f:id:h_yukichi:20190525220714j:plain
f:id:h_yukichi:20190525220727j:plain
左:冬バージョン、右:夏バージョン

比較してみて、どうでしょうか? ソファーカバーの色を変えただけなのですが、部屋の雰囲気、結構変わります。

カバー交換時のポイント

ダニを吸い取る

半年毎に交換しているとはいえ、ある程度はダニが潜んでいると思います。カバー自体は水洗いするので綺麗になりますが、ソファー本体は洗うことができません。

そのため、潜んでいるかもしれないダニを吸い取るため、掃除機で吸引しています。今使っているのは、ダイソンV10です。一世代前のモデルとなりますが、このモデルから連続稼働時間が大きく伸びたので、便利に使えています。

f:id:h_yukichi:20190525221114j:plain
f:id:h_yukichi:20190525221129j:plain
掃除機でダニを吸い取る

ソファーカバーは優しく洗う

選択表示マーク上は、水洗いNGとなっています。本当はドライクリーニングがいいのでしょうが、クリーニング代がもったいないのと、水洗いした方が気持ちいいので、自分で洗っています。

ラフに扱って縮んでしまうと台無しなので、丁寧に洗うときの洗剤を使い、洗濯機のモードも弱にして洗っています。そして何よりも、乾燥のさせ方が一番重要。

間違っても、天気のいい日に外干しなんかすると、一気に縮んでしまいます。部屋干しで、ゆっくり時間をかけて乾燥させるのがポイントです。

この方法で11年間維持できていますので、間違ったメンテナンスではないと思います。

終わりに

いかがでしたでしょうか? ソファーは1度買うとなかなか買いなおすことはないので、カバー交換できるものを選ぶと、部屋のイメージチェンジもできて、飽きずに末永く使えると思います。

これからソファーを買う人は、選ぶ際の基準の1つとして、よろしければ参考にしてください。