ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段の生活で工夫しているコト、便利な発見をしたコトなど、知っているとうれしい、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

リクガメが食べる野草採取


GWも過ぎ、肌寒い気候から汗ばむ気候になってきました。道端や空き地には野草が多く生えてきて、リクガメの餌を探すのには一番いい季節となりました。

野草なので原価はタダ、食費ゼロ円で一見楽そうに見えるのですが、野草を集めるのはそこそこ大変です。今日は、我が家のリクガメに与えている野草について、書いてみようと思います。

野菜じゃだめなの?

リクガメは草食なので、肉類は食べません。水ガメは雑食なので小魚、小エビ、昆虫などを食べますが、リクガメは食べないです。

リクガメの飼育マニュアルで、「餌は野菜や果物がいい」と説明されているものがあります。間違いではないと思いますが、これだとリクガメが必要としている栄養素が不足します。

リクガメにはカルシウムと植物繊維が不可欠ですが、野菜だとほとんど含まれていません。野菜は人間にとって栄養価が高くおいしく改良されてきているため、リクガメには適していません。

与えるものがないときには私も野菜を使う場合がありますが、主食は野草としています。

 

どんな野草を食べるのか?

野草にはリクガメにとって毒性のものがありますので、採取するときには注意が必要です。初めての野草を与えるときには、それが安全なものかどうかを必ず調べるようにしています。

私は春から秋にかけて、次のような野草を採取してリクガメに与えています。

  • タンポポ
  • シロツメクサ
  • アカツメクサ
  • ノゲシ
  • オオバコ

比較的入手しやすい種類で、間違える可能性も低いものばかりです。

f:id:h_yukichi:20190519193548j:plain

本日の収穫(シロツメクサ、ノゲシ、オオバコ)

 

どのくらい日持ちするのか?

週末に近所の公園や空き地で野草を採取してきた後、よく洗ってジップロックで密閉し、冷蔵庫保管しています。

この保管方法で、1週間は新鮮さを感じることができます。野菜の場合は冷蔵庫保管で1週間もしたら新鮮さはなくなりますが、野草は強いですね。

f:id:h_yukichi:20190519193601j:plain
f:id:h_yukichi:20190519193614j:plain
冷蔵庫保管で、1週間は大丈夫

 

週末に1週間分採取してきて、毎日分けて与えています。毎日同じ野草を与えていると飽きてしまって食べなくなるので、野菜や果物を混ぜて、バリエーションを持たせています。

 

味には敏感?

リクガメ、味には敏感です。同じ種類の野草であっても、採取する場所によって食いつきがいい場合もあるし、見向きもしない場合もあります。

きっと、私たち人間には区別のつかないような、微妙な違いを感じることができるのでしょう。適当にその辺の路地で採取してきた野草は食べないので、排気ガスがかからず、犬の尿がかかっていない、なるべく綺麗な環境で育った野草を採取するようにしています。

家の近所で野草の採取場所がいくつかありますが、年々空き地は減ってきています。将来、野草の採取場所がなくならないこと願っています。

f:id:h_yukichi:20190519193625j:plain

美味しい野草はよく食べる