ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段の生活で工夫しているコト、便利な発見をしたコトなど、知っているとうれしい、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

相模原北公園、アナベルが最盛期でメチャ綺麗! そして今シーズンのアジサイは終焉に


先週と先々週、2週間に渡って相模原北公園のアジサイについてレポートしてきました。

www.yukichi-tsuntsun.com

www.yukichi-tsuntsun.com

 

6/23(日)、再びアジサイを見に行ってきました。大部分のアジサイはピークを越えて枯れ始めていて、アナベルのみが最盛期となっていました。

今シーズン最後のレポートとして、ピークをむかえたアナベルの様子を紹介します。

 

相模原北公園のアナベル、1万株と言われています。確かに、ここ以上に群生しているアナベルは、見たことがありません。

アジサイ全体についてみると、「当たり年」と「ハズレ年」があるのは事実です。

でも、アナベルは安定していますね。毎年、見事な群生を楽しませてくれます。外来種ということもあり、強い品種なのかもしれません。

 

ちょうどピークで見ることができたアナベルの群生、こんな感じでした。

アナベルは、始めは緑色で、徐々に白くなります。最盛期は真っ白で、また徐々に緑色となり、枯れていきます。

そのため、ちょうどピークのときだと、真っ白なアジサイが無数に群れている光景となり、見事です。

f:id:h_yukichi:20190625233929j:plain
f:id:h_yukichi:20190625233916j:plain
最盛期をむかえた、アナベルの群生

これだけの規模の群生となると、迫力があります。

この光景を見にたくさんの人が来て、日中は混雑します。朝6時から8時くらいだと空いていて、ゆっくりすることができます。

今シーズンのアジサイは、このあと枯れていき、間もなく全ての花が伐採されると思います。

来シーズンもきっと綺麗な花を咲かせるでしょうから、近くに住んでいる人は見に行ってみてはどうでしょうか?