ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段の生活で工夫しているコト、便利な発見をしたコトなど、知っているとうれしい、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

ユニットバスの排水溝掃除


なかなか掃除せずに汚れが溜まってしまう場所、家の中にいくつかあると思います。ユニットバスの排水溝なんかも、汚れやすい場所の1つだと思います。

排水溝は常に水気がありカビが生えやすく、放っておくと不衛生になりがちです。私はこまめに掃除していて汚れを溜めないようにしていますので、その方法を紹介したいと思います。

簡単にできますので、「そういえば、排水溝ってほとんど掃除していないな」という人は、参考にしてみてください。

3つのパーツを外す

ユニットバスのメーカーによって少し差異があるかもしれませんが、排水溝の構造はほぼ同じものでしょう。我が家のユニットバスは、3つのパーツで構成されています。

  • ヘアキャッチャー
  • 排水筒

これらを取り外して、綺麗に洗浄するだけでOKです。取り外しは簡単ですので、以下の写真を見てください。

普段掃除していない場合は、かなり汚れていると思います。素手で触るのが気持ち悪い場合には、掃除用ゴム手袋でもして、頑張って外しましょう。

f:id:h_yukichi:20190519195631j:plain

①まず、蓋を外す

f:id:h_yukichi:20190519195642j:plain

②次に、ヘアキャッチャーを外す

f:id:h_yukichi:20190519195658j:plain

③最後に、排水筒を外す

以下が、外せるパーツとなります。

f:id:h_yukichi:20190519195711j:plain

この3つのパーツが外せる

 

塩素系洗剤で洗浄

カビキラーのような塩素系洗剤を吹き付け、10分くらい放置した後にスポンジで擦って洗います。1回で綺麗にならなかった場合、2~3回繰り返せば、カビの黒ずみも除去できて綺麗になります。

塩素系洗剤は強力なので、手に付着しないように注意してください。長時間付着すると皮膚が溶けるので、掃除用ゴム手袋を付けると安心です。

f:id:h_yukichi:20190519195549j:plain
f:id:h_yukichi:20190519195535j:plain
塩素系洗剤を吹き付けて、しばらく放置
f:id:h_yukichi:20190519195603j:plain
f:id:h_yukichi:20190519195617j:plain
簡単に、ピカピカになる

排水溝の中も汚れていますので、スポンジで擦って綺麗にします。また、定期的にパイプクリーナーを投入しておくと、排水管の詰まりも防止できると思います。

 

掃除の頻度は?

今回紹介した掃除方法、30分もあれば完了します。

我が家ではヘアキャッチャーにメッシュネットを被せているので、髪の毛等のゴミが排水溝に落ちずに汚れ方が少なくて済みます。

ここまで分解しての掃除は、月1回くらいやっています。あとは、普段入浴したときに、軽くスポンジで擦っておく程度ですね。このユニットバスは11年間使っていますが、汚れや臭いはなく、綺麗で快適な状態を維持できています。

入浴時に汚れを見つけると不衛生でいやな感じがしますので、気持ちよく入浴するために、一番汚れやすい排水溝の掃除はお勧めです。