ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段の生活で工夫しているコト、便利な発見をしたコトなど、知っているとうれしい、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

無水エタノールは除菌効果が弱い


今日は、アルコールの選び方について、まとめてみたいと思います。アルコールといっても、飲む方ではなく、除菌や掃除につかうエタノールについてです。

飲む方のアルコールについての情報を期待していた人には申し訳ありませんが、今回の内容、結構知らない人もいると思いますので、よろしければこのまま読んでみてください。

エタノールを使うシーン

エタノールの利用シーン、まず思い浮かぶのは、病院で注射するときの消毒ではないでしょうか? 誰もが経験したことがありますよね。

一般家庭での利用シーンも、探してみると結構あります。以下に思いついたものをリストアップしてみますが、まだ他にもあるかと思います。

 

除菌に使う

  • 調理前にまな板や包丁を消毒する
  • インフルエンザの時期、帰宅したときに手を消毒する
  • 浴室でカビが生えないように消毒する

 

掃除に使う

  • 水では落ちない油汚れを拭き取る
  • 油性マジックで書いたものを消す
  • スマートフォンやタブレットの画面を綺麗にする
  • カメラのレンズを綺麗にする

 

エタノールは2種類ある

市販されているエタノール、「無水エタノール」と「消毒用エタノール」の2種類があります。私が普段使っているのは次の2つですが、これ以外のものでも、どちらかになります。

f:id:h_yukichi:20190619234936j:plain

無水エタノール(左)と殺菌用エタノール(右)

無水エタノールはその名の通り、水を含まない高純度のエタノールです。一方、消毒用エタノールは、水で薄められています。

 

無水エタノールは殺菌力が弱い

さて、問題は除菌するときに使うエタノールです。「純度が高い方が殺菌力があるのでは」と考えて、無水エタノールを使っている人もいるのではないでしょうか。

これ、間違いなんです。水で薄めたエタノールの方が、殺菌力が強いです。無水エタノールだと、消毒しているつもりで、実はできていなかった、という場合もありますので、除菌が必要なときには、消毒用エタノールを使いましょう。

なぜ無水エタノールだと殺菌力が弱いのか? それは、エタノールは揮発性が高く、すぐに揮発してしまうからです。殺菌するには、エタノールが菌にしばらく触れている必要がありますが、すぐに揮発し、気体になってしまうと殺菌効果はなくなります。

消毒用エタノールは水を含んでいますので、揮発するのに時間がかかります。しばらく液体のまま残ることができるので、その間に殺菌が完了するといった理屈です。