ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段心掛けていることや便利なことなど、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

NIKWAXで強力な撥水加工


スキーウェアやレインウェア、新しいときは雨をよく弾いてくれるのですが、使っているうちに撥水性が低下してきます。GORE-TEXのような高品質素材の場合でも、表面の撥水性は必ず低下してきますね。

撥水性が低下したウェア、簡単に蘇らせることができます。今日は、私がやっている方法を紹介したいと思います。

撥水スプレーではダメなの?

ウェアを撥水加工しようとした場合、まず思いつくのは撥水スプレーではないでしょうか?

撥水スプレー、弱点は耐久性だと思います。ウェア表面に吹き付けるだけなので、繊維の奥までは浸透せず、数回使うと雨を弾かなくなります。

使用頻度が低いウェアならいいかもしれませんが、頻繁に使うウェアの場合は、すぐに撥水しなくなってしまいます。

撥水剤を繊維の奥まで浸透させると長持ちする

ウェアを洗濯するのと同様に、撥水剤に浸すことで、繊維の奥まで撥水剤を浸透させることができます。

このタイプの撥水剤はいくつかありますが、私はずっとNIKWAXを使っています。

www.evernew.co.jp

使い方は多くのサイトで紹介されていますが、ウェアを洗った後、撥水剤に浸して、その後に1回、水ですすぐだけです。

NIKWAXブランドで、洗剤と撥水剤の双方がラインナップされていまして、私は次のものを使っています。

  • 洗剤:TECH WASH
  • 撥水剤:TX. DIRECT WASH-IN

手洗いでも洗濯機洗いでもOKですが、手洗いの方が、洗剤と撥水剤の使用量が少なくて済みます。なので、時間があるときには手洗いにしています。

NIKWAXの効き目を検証

NIKWAXの撥水剤、効き目を確認するために、ティッシュペーパーに施行してみました。ティッシュペーパーを3枚重ねて、NIKWAXに浸した後に自然乾燥させ、実験開始です。

f:id:h_yukichi:20190607232250j:plain

NIKWAXで撥水加工後のティッシュペーパー

NIKWAXで撥水加工したティッシュペーパーに、シャワーで水をかけてみました。

f:id:h_yukichi:20190607232301j:plain

よく水を弾きます

どうでしょうか?強力な効き目があることが、確認できました。

熱を加えることで、より撥水性が強くなる

ウェアを使っていると撥水性が落ちる原因、皮脂や油分による汚れや、繊維が寝てしまうことにも影響しています。

そのため、洗濯した後に、繊維を立ててやるだけでも、撥水性は復活します。熱を加えることで繊維が立つので、乾燥機で加熱したり、低温アイロンで加熱することで、撥水性は強固になります。

終わりに

各種アウトドアウェアや雨天用の普段着等、雨を弾いてほしいとき、NIKWAXを使うことで簡単に撥水加工ができます。

基本的に定価販売されている商品ですが、たまにAmazon等で安くなっているときがあるので、タイミングを見て入手しておくと、便利に使えます。

やったことがない人は、ぜひ試してみてください。