ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段の生活で工夫しているコト、便利な発見をしたコトなど、知っているとうれしい、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

リクガメ小屋、夏仕様に変更


f:id:h_yukichi:20200510203906p:plain

5月に入り気温が暖かくなってきて安定してきたので、リクガメ小屋を夏仕様に変更しました。

 

リクガメは変温動物なので、自ら体温調整することができません。

周囲の気温によって体温が上下するので、寒い時期には人工的に加温してあげる必要があります。

 

温度管理は簡単なのですが、湿度管理が大変。

 

私たちも、冬になるとエアコンを使って部屋を暖めますよね。

そのときに、部屋が乾燥して、乾燥肌がかゆくなったり、ウイルスが蔓延しやすくなったりします。

 

リクガメ飼育でも適度な湿度管理が重要で、我が家のリクガメは60%~70%くらいの湿度が適性です。乾燥しすぎると、呼吸器系を痛めていまいます。

 

色々と試行錯誤した結果、湿度を保つための工夫として、

  • 吸湿性の優れた無垢材の使用
  • 遠赤外線パネルヒーターでの加温

をやっています。

f:id:h_yukichi:20200510201943j:plain
f:id:h_yukichi:20200510201933j:plain
冬仕様では、上蓋と遠赤外線パネルヒーターを付けている



気温が暖かくなってくると、加温が不要となります。

また、日本の夏は多湿となるので、冬場とは逆に湿度を下げる必要があります。

 

リクガメ小屋の上蓋を取ると、温度と湿度がちょうどいい感じになります。

上蓋は簡単に取り外しできるようにしており、秋まで取り外しておきます。

f:id:h_yukichi:20200510202018j:plain

夏仕様では、上蓋を取り外す


 

これで、夏仕様への変更は完了です。

 

今の時期、多くの野草が生えてきて、栄養価の高い食事を与えることが比較的容易となります。

 

f:id:h_yukichi:20200510202027j:plain
f:id:h_yukichi:20200510202039j:plain
身近なところで、新鮮な野草がたくさん

今後数カ月間は、リクガメ飼育がしやすいので、飼ってみたいと思う人は、飼育開始タイミングとしてはベストな時期ですよ。

20200510215349 20200510215345 20200510215342 20200510215337