ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

ヘルマンゆ吉の、ちょっとタメになる情報

普段の生活で工夫しているコト、便利な発見をしたコトなど、知っているとうれしい、「ちょっとタメになる情報」を発信していきます。

岩手医科大学の休学費用が高すぎる!


今後の日本、高齢化社会となり医療の充実が必要なのは明らかですよね。私たちも年を取るにつれて病気や怪我のリスクが増え、病院のお世話になることは多いかと思います。

f:id:h_yukichi:20190311191333j:plain

医療の底辺を支えているのは、医師や薬剤師の卵、すなわち医学部や薬学部の学生であることは間違いないと思います。私も年を重ねるにつれて「日本の医療」について気になり始めており、医学部関係のニュースは良くチェックしています。

最近、医学部入学の不正があったことは記憶に新しいですが、今回、新たな問題を知ることができたので、みなさんにシェアしたいと思います。

 

f:id:h_yukichi:20190311191617j:plain

ズバリ言うと、「岩手医科大学の休学費用が高すぎる!」といった問題です。どのくらいだと思いますか?なんと300万円ですよ!

もちろん、大学も予算確保等の問題があるかと思いますが、休学している学生を維持するために300万円は取りすぎかと思います。慶應義塾大学医学部なんかは、休学費用、たった6万円です。休学中の在籍費用、このくらいが適正ではないでしょうか。

私は医学部を経験したことがないので実体験は無いのですが、他学部と比べて相当大変であることは想像が付きます。そのため、体調を崩したりして休学せざるを得ない学生が、結構いるようです。

また、今日大学ではダイバーシティ(多様性)を受け入れようという流れが活発化しており、必ずしも規定年数で卒業するのではなく、学生個々の学び方を尊重して休学を悪としないような風潮となっています。

このように、学生が「休学」といった選択をすること、私の学生時代と比べて多くなっています。しかし、休学費用が300万円と言われたら、支払うの、無理ですよねぇ。せっかく医療の道を歩もうと医学部に入学したのに、卒業をあきらめて退学してしまう学生も多いと聞いています。

私の知人がこのような問題に直面しており、大学に休学費用の減額を求めるための署名活動を行っています。もしご賛同いただければご協力をお願いしたく、本ブログに書かせていただきました。

http://chng.it/kqYyh4pSws